2011年春のアップグレード・キャンペーン

Nucleus CMS 3.41から3.64にアップグレードする際、深刻な文字化けが発生する可能性が確認されました。

そこで、2011年5月いっぱいを使い、アップグレードに関する諸事を重点的にサポートします。メンバーだけではいっぱいいっぱいになると思いますので、ユーザのみなさんにも広く協力していただけたら助かります。

文字化けの原因

バージョンの移行による文字化けの原因に関して
現状

文字化けの対処法

バックアップファイルを作ってから、アップグレードします。アップグレードして問題が発生したら、Nucleus CMS 3.64を新規にインストールして、そこにバックアップしたデータを書き出します。

やり方


以下をひと通り読んで、不明な点はフォーラムに相談して下さい。

1. 3.41のまま、upgradesスクリプトだけを実行し、データベース構造を3.64にアップグレード

アップグレード・パッケージを利用して下さい。
その際ファイルはまだ上書きしないで下さい。
バックアップファイルを作成できなくなります。

2. データベースをNucleus CMSの機能を使ってバックアップ

圧縮しても(zipファイル)、圧縮しなくても(テキストファイル)構いません。

3. バックアップしたファイルを解凍し、テキストファイルに文字化けがないか確認

圧縮した場合は解凍して下さい。テキストファイルの中身が文字化けしていないかどうか確認します。
  • 文字化けしていた場合はフォーラムに相談して下さい
  • あるいは、テキストファイルのサイズが2MBを超えていてもフォーラムに相談して下さい

4. アップグレード・パッケージに含まれるファイルで上書き

サーバのファイルをアップグレード・パッケージに含まれるファイルで上書きします。
  • テストして正常に動作していれば、アップグレードは終了です
  • もし正常に動作していなければ、以下に進んで下さい

5. サーバに新規フォルダを作成し、旧ファイルはこっちに移す

FTPソフトなどを使ってください。

6. 3.64をMYSQL_PREFIX付きで新規にインストール。正常に動作するか確認

今度は新規インストール版を使います。
以前と同じ階層にファイルが配置されるようにして下さい。
ポイントなのは、「データベースプリフィックスを使用する」ことです
これは、新規にテーブルを作成することで、文字化けしない設定を確保するために行います
  • もし正常に動作しなかったら、フォーラムに相談して下さい

7. メディアファイルやプラグイン、スキンを3.41から3.64に移す

5.で移したファイルのうち、これら3つを移します。

8. テキストエディタを使い、バックアップファイルをMYSQL_PREFIXに合わせて修正


テキストエディタには、SQLのデータがそのまま入っています。これの修正を行います。用心のため、別なファイル名に保存して下さい。

(中略)
# テーブルの構造 :nucleus_actionlog
#
DROP TABLE IF EXISTS nucleus_actionlog;
CREATE TABLE `nucleus_actionlog` (
`timestamp` datetime NOT NULL default '0000-00-00 00:00:00',
`message` varchar(255) NOT NULL default ''
) TYPE=MyISAM;

#
# nucleus_actionlog テーブルのダンプデータ
#
INSERT INTO `nucleus_actionlog` (`timestamp`, `message`) VALUES( '2011-04-09 10:33:23', '[Mocchi] Login successful for Mocchi (sharedpc=0)');
(中略)

例えば5.でデータベースプリフィックス「new_」を使用している場合、これまで「nucleus_actionlog」としていたものを「new_nucleus_actionlog」することで、新しいテーブルにバックアップデータが入るようになります。そのため、テキストエディタで「nucleus_」を「new_nucleus_」に置換することで、データを新しい環境用に書き換えることができます。

なお。テーブルの一覧は、SQLテーブル・リファレンスにあります。

9. バックアップファイルをNucleus CMS経由でリストアし、データベースを更新


8.で作った修正データをNucleus CMSの機能でリストアして下さい。

10. .htaccessなどの設定調整


.htaccessなどでhttpサーバの設定を変更している場合は、それを反映して下さい。

テストしてみる


以上が無事に終了したら、いつもどおり投稿や編集などをしてみて下さい。

  • なにか不具合が発生したら、フォーラムに相談して下さい

理想的な状態

正常


May 01, 2011 - Permalink

開発について

Nucleus CMS日本語版は、日本語版パッケージリリースチームが開発をしています。メーリングリストNucleus-jp-developersで情報の共有をしています。

プロジェクトの趣旨は、日本語が扱えるNucleus CMSのリリースを続けることと、Nucleus CMS日本コミュニティの運営です。加えて現在はオリジナルのNucleus CMSに対し、より妥当な多言語化のための改善を加えるよう働きかけをおこなっています。

リリースプロジェクトはGitHubにホスティングしています。ソースコードのバージョン管理にはgitを利用しています。

開発に参加したい方は、GitHubを通じてプルリクエストをお送りください。