Nucleus機能一覧

Nucleusのおもな機能の概要をご紹介します。一部の機能については画面ショットもご覧いただけますので、ご参照ください。

複数のWeblogやニュースサイトを運営

Nucleusでは、1つのWebサイトの中に複数のWeblogを運営できます。また、必要ならば複数のWeblogの記事をまとめて1つのページに表示することもできます。

複数の著者

複数のメンバーに、それぞれ別々のログイン名とアクセス権を割り当てて、チームでひとつのBlogを書くこともできます。

カテゴリー

ひとつのBlogの中にカテゴリーをいくつも作れます。Blogの記事ひとつひとつを、どれかのカテゴリーに分類します。

コメントシステムを標準搭載

Nucleusには、記事にコメントを書き込む機能が内蔵されていますので、他のコメント受付ツールなどが必要ありません。また、Karma投票機能もあります。

自分のサーバー上で動作

Nucleusは自分のサーバーの上で運用できますから、外部のサービスのネットワーク障害などに影響されません。

ドラフトと公開予約

急いでちょっと書き留めておきたいけど、もう少し推敲してから公開したい記事は、ドラフト(下書き)として保存しておいてあとで編集を続けることができます。

また、未来の指定の日時になったら記事を自動的に公開する公開予約の機能もあります。

自由にいじれます

サイトのデザインやレイアウトをスキンとテンプレートで自由にいじれます。さらに、操作メニューの文言も、言語ファイルの中身を書き換えるだけで簡単に変更できます。

プラグイン

Nucluesは、プラグインというプログラムを追加インストールして機能を後から追加できます。これにより、Nucleus本体のプログラムには手を加えずに必要な機能を追加することが可能です。プラグインプログラムを開発するためのインターフェースは大変柔軟性に富んでいます。

ブックマークレットと右クリックBlogging

どこかのサイトを見ていて、そのサイトのことについて自分のBlogに書きたいと思ったとしましょう。わざわざ管理画面を開く必要はありません。ブラウザのメニューバーに登録しておいたブックマークレットを開くか、マウスの右クリックメニューを使うだけで、新しい記事を書くウィンドウがポップアップします。楽ちん!

過去記事アーカイブと検索

Blogに書いた過去記事の保管はNucleusが自動的に管理します。過去記事の検索機能もあります。

RSS配信

RSSによるヘッドライン配信チャンネル機能がついています(スキンの機能を使っています)。あなたのサイトの新着記事を簡単に他のサイトに埋め込んでもらえます。

XML-RPCインターフェース: Blogger APIとmetaWeblog API

NucleusにはBlogger XML-RPC APImetaWeblog APIが実装されています。つまり、w.BloggarMozBlogのようなクライアントツールと組み合わせて使うことができます。

変換スクリプト

すでに他のBlogツールを使っていて、せっかく書き溜めた過去記事が失われるのがもったいない?心配ありません。BloggerやGreyMatterなどのBlogをそのままNucleusに移植するツールが準備されています。その他のBlogツールからの移行ツールも続々登場する予定です。

ファイルや画像のアップロード

記事に画像を貼りたい?メディアポップアップを開いて、アップロードするファイルを選ぶだけ!FTPを使って手動でアップロードする必要はありません。

IP禁止リスト

鬱陶しい奴が「荒らし」コメントを書いてきたら?荒らし屋のIPアドレスを書込み禁止に指定すれば、もうそのアドレスからの書き込みはできません。

バックアップ

データベースの中身をマウスのクリックだけで簡単にバックアップできます。

開発について

Nucleus CMS日本語版は、日本語版パッケージリリースチームが開発をしています。メーリングリストNucleus-jp-developersで情報の共有をしています。

プロジェクトの趣旨は、日本語が扱えるNucleus CMSのリリースを続けることと、Nucleus CMS日本コミュニティの運営です。加えて現在はオリジナルのNucleus CMSに対し、より妥当な多言語化のための改善を加えるよう働きかけをおこなっています。

リリースプロジェクトはGitHubにホスティングしています。ソースコードのバージョン管理にはgitを利用しています。

開発に参加したい方は、GitHubを通じてプルリクエストをお送りください。