Nucleus(JP)フォーラム

NucleusCMS日本語版ユーザーのためのサポートフォーラムです。疑問が生じたらまずは記事検索をご利用ください。

ログインしていません。

#1 2006-11-17 17:57:11

kimitake
メンバー
From: かるふぉるにあ
登録日: 2004-12-10
投稿: 266
ウェブサイト

Re: Nucleus CMS v3.24 日本語版

Nucleus CMS v3.24 の日本語版をリリースします。
文字コードは EUC-JP と UTF-8 の2種類用意してあります。

基本的に動作は本家(英語版)と同じです。
一部日本語特有の問題(検索の日本語対応等)および、いくつかの不具合が修正されています。

この改造版再配布は元の Nucleus CMS が GPL に基づき配布されていることよるものです。
よってこれらも GPL に属しますので、これらを用いた独自パッケージの配布等をされる場合は、
同様にライセンスを引き継いで下さい。

以前の版には、複数ユーザで使用してる場合、クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。

これ以外に、セキュリティ関連では非公式ながら v3.23sp3 として配布していたものを組み込んであります。
詳しいことは
http://kimitake.blogdns.net/item/352を参照して下さい。

v3.23sp3 と違う点は、2つフラグの追加をしてあります。
1つは、$bLoggingSanitizedResult で、もう1つは $bSanitizeAndContinue です。
どちらもデフォルト値は0として globalfunctions.php で宣言されてます。

前者は、サニタイズ結果をログとしてデータベースに残すかどうかの設定。デフォルトでは残しません。
理由は、最近不正な URL でのアクセスが多く、そのたびにデータベースに記録してると、
共用サーバーなどで、負荷が高くなって停止させられたりするためです。
導入時などに動作確認したい場合のみ値を1にすることをお勧めします。

もう1つは、サニタイズしたあと処理を続行するかどうかの設定。デフォルトでは中断します。
理由は、不正なURLでのアクセスをしてくる相手にまともなページを返すこともない、ということです。
通常サイト側で用意してるリンクをクリックしてるだけなら、サニタイズ対象となるURLを生成して
しまうことは無いはずで、もしあるなら事前に修正すべきことなので。


それからプラグインのインストール時に、中にはコアのバージョンをチェックするものがありますが、
このチェックルーチンにバグがありました。本家コードでは修正済みでしたので、反映させておきました。

以下フルパッケージを添付します。


Attachments:
zip nucleus3.24_ja_utf8.zip, Size: 695.31 KiB, Downloads: 52,061
zip nucleus3.24_ja_euc.zip, Size: 693.34 KiB, Downloads: 5,375

オフライン

#2 2006-11-17 18:04:58

kimitake
メンバー
From: かるふぉるにあ
登録日: 2004-12-10
投稿: 266
ウェブサイト

Re: Nucleus CMS v3.24 日本語版

v3.23 から変更のあったファイルのみをパッケージにしたものをアップしておきます。
アップグレード用スクリプトも入ってますので、実行してデータベース内の
バージョン番号は 322 から 323 へ変更して下さい。
しなくても今のところ実害はないですが...


Attachments:
zip changes-only-3.24_ja_utf8.zip, Size: 103.07 KiB, Downloads: 2,213
zip changes-only-3.24_ja_euc.zip, Size: 102.79 KiB, Downloads: 2,181

オフライン

#3 2006-11-17 18:10:36

kimitake
メンバー
From: かるふぉるにあ
登録日: 2004-12-10
投稿: 266
ウェブサイト

Re: Nucleus CMS v3.24 日本語版

下記はアップグレード用パッケージです。
以前のバージョン(v3.2 や v3.21を含む。)からアップグレードする場合に使用して下さい。
v3.2 から追加されたデータベーステーブルはありませんが、データベース中にあるバージョン番号が
間違っているため、今後(例えば v3.3 などへ)アップグレードする際にエラーメッセージが出たり、
正常にアップグレードできないかもしれないので、アップグレードスクリプトを実行することをお勧めします。

アップグレードの手順は以下の通りです。

ステップ1 バックアップの作成
データベースと config.php のバックアップをとります。
通常、アップグレードの際にこれまで使用していたデータベースを壊したりはしませんが、
用心に越したことはありません。

ステップ2 ファイルの更新
もしコアファイル(css なども含む)を変更してる場合は、ファイルの更新後必要な箇所を
変更し直して下さい。
(もちろん更新する前にバックアップをとっておいて下さいね)

ステップ3 アップグレードスクリプトの実行
下記 URL にアクセスしてアップグレードスクリプトを実行します。
yoursite.com はあなたの Web ページに合わせて適宜置き換えて下さい。
nucleus ディレクトリは通常デフォルトの管理画面のトップディレクトリになります。
セキュリティに配慮して変更してる場合などは、こちらも適宜置き換えて下さい。
http://www.yoursite.com/nucleus/upgrades/index.php

実行すべきアップグレード手順のリストが表示されます。
これらのアップグレード手順をすべて実行します。
これによりアップグレード後に必要となるデータベースが構築されます。

セキュリティリスクを避けるため、upgrades/ ディレクトリは
アップグレード後は削除して下さい。

ステップ4 スタイルシートのアップデート
Nucleus v3.2 より、コメントを追加中に発生するエラーは、コメント
フォームの隣のページ上に直接リストされます。さらにそのエラー
メッセージは <div class="error"> タグで囲まれます。
このエラーメッセージを目立たせるため、CSS スタイルシートに新たな
ルール設定を追加することを検討すべきでしょう。
たとえば下記の通り。

.error {
color: red;
font-size: larger;
}

以上でアップグレードは完了です。

※従来(v3.23以前) upgrades パッケージは別途配布してましたが、一緒になってますので、
アップグレードスクリプトを実行しない場合でも、削除するようにして下さい。
多分管理画面に入るときに、警告メッセージが出ると思いますので、気がつくでしょうけど、
一応念のため。


Attachments:
zip upgrade3.24_ja_utf8.zip, Size: 693.16 KiB, Downloads: 2,197
zip upgrade3.24_ja_euc.zip, Size: 691.72 KiB, Downloads: 2,341

オフライン

#4 2006-11-17 18:44:34

kimitake
メンバー
From: かるふぉるにあ
登録日: 2004-12-10
投稿: 266
ウェブサイト

Re: Nucleus CMS v3.24 日本語版

えっと、新規インストール版の db のバージョンが 3.23 のままでした :cry:
そのままでも特に害はないですが、気になる方は db 直接触って変更(324にする)か、
upgrade スクリプト動かして 324 にするかして下さい。

通常、コアにバージョンを問い合わせたときは、globalfunctions.php に書かれてある値を返します。
そこは 3.24 になってます。

オフライン

#5 2006-11-17 23:47:43

ひろ
メンバー
From: Kobe, JAPAN
登録日: 2004-07-11
投稿: 58
ウェブサイト

Re: Nucleus CMS v3.24 日本語版

お疲れさまでした。早速アップデートして、順調に動いております。
ひとつお願いなのですが、いま Nucleus を動かしているサーバのひとつが MySQL 4.1 系だもので、

Nucleus(JP)フォーラム :: トピックを表示 - 日本語部分でソースが切れます
http://japan.nucleuscms.org/bb/viewtopi … =5826#5826

毎回のようについこの修正を忘れて一瞬化け化けにしてしまいます :shock:
問題なければ次回から修正項目に加えてはいただけませんでしょうか。
よろしくお願いします wink


ひろの日記帳 * http://hiro.intlcafe.info/

オフライン

Board footer