ホーム > テンプレート > strftime

Time variables overview

The following conversion specifiers are recognized in the format string (taken from the PHP documentation for the strftime function). More info in the Open Group Specification

  • %a - abbreviated weekday name according to the current locale
  • %A - full weekday name according to the current locale
  • %b - abbreviated month name according to the current locale
  • %B - full month name according to the current locale
  • %c - preferred date and time representation for the current locale
  • %d - day of the month as a decimal number (range 00 to 31)
  • %H - hour as a decimal number using a 24-hour clock (range 00 to 23)
  • %I - hour as a decimal number using a 12-hour clock (range 01 to 12)
  • %j - day of the year as a decimal number (range 001 to 366)
  • %m - month as a decimal number (range 1 to 12)
  • %M - minute as a decimal number
  • %p - either `am" or `pm" according to the given time value,or the corresponding strings for the current locale
  • %S - second as a decimal number
  • %U - week number of the current year as a decimal number,starting with the first Sunday as the first day of the first week
  • %W - week number of the current year as a decimal number,starting with the first Monday as the first day of the first week
  • %w - day of the week as a decimal,Sunday being 0
  • %x - preferred date representation for the current locale without the time
  • %X - preferred time representation for the current locale without the date
  • %y - year as a decimal number without a century (range 00 to 99)
  • %Y - year as a decimal number including the century
  • %Z - time zone or name or abbreviation
  • %% - a literal `%" character

時間変数の概要

次の変換記述は文字列フォーマットに基づきます(PHPドキュメントのstrftime関数から持ってきたものです)。より詳しい情報は Open Group Specificationにあります。

  • %a - 現在のロケールに基づく短縮された曜日の名前
  • %A - 現在のロケールに基づく完全な曜日の名前
  • %b - 現在のロケールに基づく短縮された月の名前
  • %B - 現在のロケールに基づく完全な月の名前
  • %c - 現在のロケールに基づく適当な日付と時間の表現
  • %d - 日付を10進数で(01から31)
  • %H - 時間を24時間表示の10進数で(00から23まで)
  • %I - 時間を12時間表示の10進数で(01から12までの範囲)
  • %j - 年間での日付を10進数で表現 (001から366)
  • %m - 月を10進数で表現 (01から12)
  • %M - 分を10進数で表現
  • %p - 指定した時間により "am" または "pm" 、または 現在のロケールに対応した文字列
  • %S - 秒を10進数で表現
  • %U - 年間で何番目の週であるかを 10 進数で表現。 年間で最初の日曜を最初の週の最初の日として数えます。
  • %W - 現在の年で何番目の週であるかを10進数で表現。 年間で最初の月曜を最初の週の最初の日として数えます。
  • %w - 曜日を10進数で表現。日曜は0になります。
  • %x - 時間を除いた日付を現在のロケールに基づき表現します。
  • %X - 日付を除いた時間を現在のロケールに基づき表現します。
  • %y - 世紀の部分を除いた年を10進数として表現。(00から99までの範囲)
  • %Y - 世紀を含む年を 10進数で表現
  • %Z - タイムゾーンまたはその名前または短縮形
  • %% - 文字リテラル"%"

以下はサーバによって対応が異なりますので、参考程度にお試しください。

  • %-dまたは%#d - 日付を10進数で(1から31)
  • %-Hまたは%#H - 時間を24時間表示の10進数で(0から23まで)
  • %-Iまたは%#I - 時間を12時間表示の10進数で(1から12までの範囲)
  • %-mまたは%#m - 月を10進数で表現 (1から12)
  • %-Mまたは%#M - 分を10進数で表現(0から59まで)

コメント送信

Nucleusをご利用いただき、ありがとうございます。ヘルプファイルの内容について気がついた事がございましたら、コメントフォームよりご連絡ください。
いただきましたコメントは、次期バージョンの「オンラインヘルプ」に反映させてまいります。
なお、コチラでは個別対応は出来ませんので、疑問点などございましたら、サポートフォーラムへ投稿をお願いいたします。

コメント

コメントはありません