ホーム > テンプレート > templatevars-overview

Template variables: Overview

What?

Template variables largely work in exact the same way as skin variables,with the only difference that they are being used inside templates. The variables are called using <%varname%>,and include some text depending on the variable function. Some variables also have extra optional parameters.

Available variables

These template variables be used in the following template-parts: item header,item body,item footer,date header,date footer,morelink,editlink (The variables image,popup and media can also be used inside weblog items.)

Comments-related template-parts (comments header,comments body,comments footer,one comment,two comments,comments read more,no comments,too much comments) have a different set of available variables:

テンプレート変数:概略

どういったものなのか?

テンプレート変数はスキン変数と同じ方法で広く働きますが、テンプレート内部で利用できる点でスキン変数と区別されます。変数は <%変数名%>という形で呼び出され、変数の機能によってはテキストを挿入します。また、その他のオプションパラメーターを持つ変数もあります。

利用可能な変数

テンプレート変数は、「アイテムのヘッダー」、「アイテムの本体」、「アイテムのフッター」、「日付ヘッダー」、「日付フッター」、「続きへのリンク」、「アイテムリンクの編集」といった、テンプレート・パーツの中で使用できます。(変数imagepopupmedia pluginはブログアイテムの中でも使用できます。)

コメント関連のテンプレート・パーツ(「コメントのヘッダー」、「コメントの本体」、「コメントのフッター」、「コメントが1 つの時」、「コメントが2つ以上の時」、「コメントの続きを読む」、「コメントが無い時」、「長すぎるコメントの時」)では、利用可能な変数のセットが異なります:

コメント送信

Nucleusをご利用いただき、ありがとうございます。ヘルプファイルの内容について気がついた事がございましたら、コメントフォームよりご連絡ください。
いただきましたコメントは、次期バージョンの「オンラインヘルプ」に反映させてまいります。
なお、コチラでは個別対応は出来ませんので、疑問点などございましたら、サポートフォーラムへ投稿をお願いいたします。

コメント

gblsm (2012年03月10日 22:39:07)

改訳案:
テンプレート変数はスキン変数と同じ方法で広く働きますが、テンプレート内部で利用できる点でスキン変数と区別されます。
 ⇒ テンプレート変数はスキン変数とだいたい同じように働きます〜

変数は <%変数名%>という形で呼び出され、変数の機能によってはテキストを挿入します。
 ⇒ 〜呼び出され、変数の機能によって作られるテキストを挿入します。

Item ID:185