ホーム > テンプレート > templatevar-date

Templatevar: date

Inserts a date using the date format specified in the template. Optionally,a custom date format can be given as a parameter.

Arguments

    Optional
    • format: format to be used to format the date

Specials

Four special parameters are possible:

  1. rfc822: RFC822 date in local time
  2. rfc822GMT: RFC date in GMT time
  3. iso8601: ISO-8601 date (W3C Date and Time Format profile). Example: 2002-10-02T10:00:00-05:00
  4. utc: Same as iso8601,but the date is expressed in UTC,using a "Z" for the timezone indicator.

Examples

<%date%>
<%date(%x)%>
<%date(rfc822)%>
<%date(rfc822GMT)%>

テンプレート変数:date

日付フォーマットで設定した書式で日付を挿入します。オプションの引数にstrftime変数を使用して、フォーマットを変更することもできます。

引数

  • オプション:
    名前
    format 日付のフォーマットに用いる形式
    下記の4つの特別なパラメーターが利用可能です
    rfc822 LocaleにあわせたRFC822フォーマットの日付
    rfc822GMT GMTにあわせたRFCフォーマットの日付
    iso8601 ISO-8601フォーマットの日付(W3Cの時刻と日付フォーマット(新しいウィンドウが開きます)に概略があります)。例:2008-09-05T10:00:00-05:00
    utc iso8601と同じ。ただし、タイムゾーンの表示として"Z"を使うUTCで表現される。

<%date%>
<%date(%x)%>
<%date(rfc822)%>
<%date(rfc822GMT)%>

コメント送信

Nucleusをご利用いただき、ありがとうございます。ヘルプファイルの内容について気がついた事がございましたら、コメントフォームよりご連絡ください。
いただきましたコメントは、次期バージョンの「オンラインヘルプ」に反映させてまいります。
なお、コチラでは個別対応は出来ませんので、疑問点などございましたら、サポートフォーラムへ投稿をお願いいたします。

コメント

gblsm (2012年03月10日 22:12:31)

「(新しいウィンドウが開きます)」と記載されていますが、クリックすると同じウィンドウ内に表示されてしまいます。
Item ID:195