Nucleus CMS 3.70 リリース!

Nucleus CMS バージョン3.70をリリースします。

主な特徴は、
・パスワードの管理方法(内部処理)の改善
・動作の軽量化
・管理画面操作(画面遷移)を改善
・新イベント「PreLoadMainLibs」を追加
・ibody/imoreのカラムサイズをmediumtextに変更
・ログイン画面のURLが検索エンジンに拾われないように改善
・ベンチマーク処理の精度を改善
の7点です。

新イベント「PreLoadMainLibs」はNucleusの処理初期段階で呼び出されるため、負荷対策プラグインの作成などに有効です。ぜひお試しください!

パスワードの管理については、レインボーテーブル参照による悪意の解析をほぼ確実に防ぐ方法を採用しました。

その他、細部のチューニングを施し、これまで以上に快適に使えるように仕上げています。


英語圏で開発されているNucleus CMSは開発終了をアナウンスしていますが、日本のサポートチームが開発を引き継ぎたいという意向を表明しており、非公式ながら新しいバージョンの開発を続けています。

なお、開発を終了したNucleus CMSのマイナーアップデート(機能追加は行わない)版である「LMNucleus」というプロジェクトも存在していますが、こちらは日本語などマルチバイト文字列の対応に難があり、文字化けを起こす可能性がある他、セキュリティ上の問題があります。Nucleus CMS バージョン3.70の使用をおすすめします。
3.70はLMNucleusで行われているバグ修正をすべて含んでいます。

ダウンロードURL:
http://japan.nucleuscms.org/download.php

動作報告やお気づきの点があればフォーラムへ投稿をお願いします。
なお、今後のベータ版のテストにもご協力いただければ幸いです。
September 30, 2014 - Permalink

開発について

Nucleus CMS日本語版は、日本語版パッケージリリースチームが開発をしています。メーリングリストNucleus-jp-developersで情報の共有をしています。

プロジェクトの趣旨は、日本語が扱えるNucleus CMSのリリースを続けることと、Nucleus CMS日本コミュニティの運営です。加えて現在はオリジナルのNucleus CMSに対し、より妥当な多言語化のための改善を加えるよう働きかけをおこなっています。

リリースプロジェクトはGitHubにホスティングしています。ソースコードのバージョン管理にはgitを利用しています。

開発に参加したい方は、GitHubを通じてプルリクエストをお送りください。