making:usually

一般的な構成の企業サイトを作る

概要解説

ホームページ制作会社のサイトを作るものとします。構成は以下のとおり。

  • トップページ
    • 新着情報
    • 制作実績
    • 制作の流れ
    • 料金表
    • 会社概要
    • お問い合わせ

せっかくNucleusを使うならブログも設置したいところですが、前項と解説がかぶるためここではあえて割愛します。

用意するもの

考え方

ブログって機能限定のCMSじゃないの?

Nucleusはブログとしての性格が強いCMSです。必ずしも汎用CMS(Joomla!・Xoops・MODxなど)が有利とは限りません。ブログ型として機能が制限されていることにより、かえってマンパワーを生かせるケースがあります。潤沢な予算と深いスキルを生かせるなら汎用CMSを分かりやすくカスタマイズするのが理想ですが、専門的なノウハウを持たないユーザにとってはブログシステムは手軽に扱える魅力があります。

ユーザから見ても、たとえばどんな車でもハンドルとアクセルとブレーキの位置が同じように、ブログのスキームは一般的に分かりやすいものとして定着しています。タイトルと内容を書いて投稿ボタンをクリック。たったそれだけのシンプルなルールです。xml-rpcインターフェイスなどの実装も当たり前で、ブログは汎用CMSと比べ標準化されたスキームを多く持つ点で有利です。

Nucleusの構造

Nucleusのデータ構造は blog - category - item となっています。この構造をサイトの見た目の構成とどう対応させるかがポイントになります。URLデザインを意識するかどうかにもよります。

単純で手っとり早いのは、ひとつのblog・ひとつのcategoryによる構成。必要なページ数ぶんだけitemを作って、ベタに並べていく方法です。ナビゲーションも、各ページのURLをベタにスキンに貼り付けます。これならNucleusの基本機能だけで簡単にサイトを構築できます。

メンテナンス性を考慮するなら、コーナーごとにblogを立てるのが便利です。blog単位だと、スキンや編集権限を持つユーザなど割り当てられる項目が豊富です。見た目にCMSとは分からないサイトを作るのも、この方法が向いてます。アイテムがひとつしかないblogがあってもかまいません。複数のblogを関連付けた運用は、著名なブログ型CMS(Movable Type・WordPressなど)の中でもNucleusならではといえる特長でもあります。当ページでは、この方法について解説します。

制作手順

動作確認

参考情報

 
making/usually.txt · 最終更新: 2011/03/23 21:28 (外部編集)