making:whatsnew

新着情報コーナーをNucleusで管理

新着情報コーナーを作りたい!

何か新製品・新サービスをリリースするたびにDreamweaverを立ち上げてページを新規作成するのは効率が悪いし、担当者にはある程度のスキルが求められます。新規ページのファイル名や利用テンプレートなど、あらかじめ多少のルールを決めておく必要もあり手間がかかります。さらに複数のパソコンでデータを管理している場合など、トップページを古いデータで上書きしてしまうなどの事故も起きやすいです。

分かりやすく安全な手順で自社サイトの更新情報を管理したいという需要は多いですが、だからといってサイト全体をCMSにしてしまう余裕もない。こういったケースでNucleusが役に立ちます。Nucleusを表に出さず、裏方として活用します。

Nucleusを利用すると日時を指定しての公開ができるため、「○○キャンペーンへのご参加ありがとうございました!」といった内容のアイテムを事前に登録しておき、キャンペーン終了と同時にトップページに表示するような使い方もできます。微妙なタイミングをビジネスの要としたい企業には重宝する機能です。

また、ドラフト(下書き)状態で登録しておき、上司または社長の決済を得てから公開といったことも可能です。本格的なフロー管理・権限管理機能を持つCMSにはかないませんが、小規模なチーム編成での運用なら実用上の問題は少ないと考えられます。

実装の具体例

見せ方

  • トップページに新着情報の一覧を最新順に5件程度表示。
  • タイトルをクリックすると詳細内容を表示
  • 「さらに以前の情報を見る」または「新着情報コーナー」をクリックすると、過去の新着情報の一覧がアーカイブ形式で分かりやすく表示される。


管理の仕方

  • Nucleus管理画面からアイテムを追加・編集
  • または、専用にログインページを作りフロントエンドで分かりやすくアイテムを追加・編集。Nucleusの管理画面にアクセスさせることなく、シンプルなインターフェイスで記事の管理ができます。


構築テクニック

  • 新着情報一覧を表示するブロックをトップページ上に作り、読み込み制御文を一行記述します。
  • NP_ExtraSkinJPのページスキン機能で作った新着情報ブロックをインクルード。
  • これとは別途に、新着情報一覧のコーナーをNucleus本体の機能で作る。見た目がブログっぽくならないように注意。デフォルトで同梱されているテンプレートは使わずに新規に作るのがいいでしょう。

必要な環境

サーバがNucleusが稼働する条件を満たしている必要があります。難しい場合は別サーバにNucleusを立てることもできますが、新着情報一覧のページのURLは当然ながら別サーバのものになります。

これに加えてNP_ExtraSkinJPのページスキン機能で作った新着情報ブロックをインクルードするために、場合によっては.htaccessファイルを操作する必要があります(トップページの拡張子がphpである場合はその必要はありません)。Nucleusの導入はできてもこれができないサーバが時々あるため注意が必要です。

具体的な手順

 
making/whatsnew.txt · 最終更新: 2011/03/23 21:28 (外部編集)