plugins:accountex

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

plugins:accountex [2011/03/23 21:28] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== NP_AccountEx ======
  
 +Nucleus を多人数で利用する場合のメンバー情報の機能拡張プラグインです。大きく分けて、二つの機能を提供します。
 +
 +  - メンバーの追加情報の管理機能
 +    * 本名やメールアドレス、URL は Nucleus のコアで実装されているメンバー情報ですが、それ以外にさまざまな情報を追加し、それぞれのメンバーで設定したり、テンプレート変数やスキン変数として表示することが出来ます。
 +    * 追加情報の設定(追加もしくは削除)はNP_AccountEx プラグインオプション画面で行うことが出来ます。
 +    * 設定されたメンバー情報の設定や変更は、各メンバーの設定画面(管理画面左メニューの『あなたの設定』)で行うことが出来ます。
 +    * 追加情報の設定値に条件をつけることが出来ます(数字のみ、日付のみなど)。
 +  - 新規メンバー登録の認証機能
 +    * 新規登録の際に、管理者が登録して良いかどうか確認することが出来ます。管理者によって認証されない限り、登録メンバーのアカウントは有効になりません。 ​
 +
 +^^General Plugin info ^^
 +^作者: | [[plugins:​authors:​katsumi|Katsumi]] |
 +^最新のバージョン:​ | ver 0.1.3.4 |
 +^入手先: | [[http://​japan.nucleuscms.org/​bb/​viewtopic.php?​t=3740|フォーラムから]] |
 +^ソース: | |
 +^動作サンプル:​ | |
 +^フォーラム参照先:​ | http://​japan.nucleuscms.org/​bb/​viewtopic.php?​t=2436 |
 +^セキュリティチェック:​ | |
 +
 +=====インストール方法=====
 +  - Zipファイルを展開して、中身をサーバーのプラグインディレクトリにアップロードする
 +  - 管理画面からプラグインをインストールする
 +
 +=====プラグインオプション編集画面の使い方=====
 +  * まず、二つのプラグインオプション、『新規ユーザの登録を受け付けますか?』 『クイックメニューを使いますか?』ですが、 前者はあとで述べる新規登録者認証機能を使用するかどうかを設定、後者はおなじみですが管理画面左側にクイックメニューを入れるかどうかです。
 +
 +  * これら以外に、『オプションの追加』 『オプションの削除』があり、それぞれ新たなメンバー情報の追加もしくは削除に用います。また、認証待ちのメンバーがいる場合には、『Certify "​xxxxx"​ as a member?』 という yes/no の設定項目が追加されます。これら重要項目の設定は一度『オプションの保存』を押しただけでは有効になりません。これを押すと、『実行しますか?』 という yes/no の項目が新たに現れ、ここで『はい』を選択してもう一度『オプションの保存』を押せば、変更が有効になります。 ​
 +
 +
 +=====メンバー追加情報の項目の編集方法と、表示方法=====
 +
 +  - 項目の追加
 +    * プラグインオプション画面で、『Create option』という項目がありますが、ここに設定値を入力します。設定方法は、プラグインAPIで述べられている createOption() 関数の使い方とほとんど同じで、<​code>​Name/​Desc/​Type/​Default/​Ex</​code>​のようにパラメータを『/​』(半角スラッシュ)で区切って指定します。順に、名前・詳細情報・入力のタイプ(text,​ select, yesno から選択)・デフォルト値・追加情報です(詳しくは、プラグイン API のページをご覧ください)。
 +    * ただし、
 +      - Name だけ指定した場合、Name,​ Name, "​text",​ ""​ を指定したのと同じです。
 +      - Name/Desc だけ指定した場合、Name,​ Desc, "​text",""​ を指定したのと同じです。
 +      - Extension として、『match=/​^[0-9]+$/​』のように、perl 互換の正規表現を用いて、text タイプの場合に入力値を制限することが出来ます(例は、数値だけ受け付ける場合)。 他の例:<​code>​住所
 +address/​住所
 +性別/​性別/​select/​秘密/​秘密|秘密|男|男|女|女   →『秘密』『男』『女』の中から選択
 +age/​年齢/​text//​match=/​^[0-9]*$/​    →数字、もしくは空白だけ許可、デフォルトは空白
 +NucleusLover/​Nucleus大好き/​yesno/​yes   →『はい』『いいえ』から選択</​code>​
 +  - 項目の削除
 +    * 『Delete option』のプルダウンで、削除したいものを選択して、『オプションの保存』を押します。
 +  - 項目の表示
 +    * テンプレート変数、スキン変数を用意しています。通常ページでテンプレート変数として使用すると記事の著者の情報が、メンバー詳細ページでスキン変数として使用するとそのメンバーの情報が表示されます。<​code><​%AccountEx(name,​ShortName)%>​  strip_tag されて表示される。
 +<​%AccountEx(desc,​ShortName)%>​
 +<​%AccountEx(value,​ShortName)%>​  メンバーの情報を表示。</​code>​ShortName には、『Create option』で設定した一番左の設定値を指定してください。ShortNameに日本語を使う事も可能です。
 +
 +=====新規に登録されたメンバーの認証方法=====
 +
 +  - 認証用フォームの表示
 +    * スキン変数を用いて、表示させます。認証用のフォームは、メンバー詳細ページ以外のスキンタイプで作成してください。<​code><​%AccountEx(wholeform[,​Template[,​Width[,​RedirectURL]]])%>​ →必要情報をすべて含んだ一括表示
 +<​%AccountEx(formheader[,,​RedirectURL])%>​ →フォームの最初の部分だけ(hidden項目)を表示
 +<​%AccountEx(formtag[,​ShorName[,​width]])%>​ →それぞれの設定項目入力用タグだけを表示</​code>​
 +    * 『Width』は、input タグの横幅を指定します(デフォルト:​40)。
 +    * 『Template』には、それぞれの項目を表示させるテンプレートを指定します。ただし、『<​%xxx%>​』ではなく、『&​lt;​%xxx%&​gt;​』形式で指定してください。ここで使える変数は3つ、『&​lt;​%name%&​gt;​』『&​lt;​%desc%&​gt;​』『&​lt;​%tag% &​gt;​』です。
 +    * 『RedirectURL』には、新規登録が成功した場合に誘導する URL を指定します。『認証が終わるまでお待ちください』などの情報を表示するために用います。誘導先ページの記述例:<​code><​table>​
 +<​%AccountEx(wholeform,<​tr><​td>&​lt;​%desc%&​gt;</​td><​td>&​lt;​%tag%&​gt;</​td></​tr>,​60)%>​
 +</​table></​code>​
 +    * formheader と formtag は組み合わせで、独自のフォームを作成するときに用います。このとき、一度 wholeform 機能を用いて表示させ、それをコピーして用いるとやりやすいと思います。
 +  - 新規登録成功ページで用いるスキン変数
 +    * 上述の『RedirectURL』で指定したページでは、次のスキン変数を用いることが出来ます。<​code><​%AccountEx(registered[,​Template])%></​code>​
 +    * 『Template』の使用方法は、上述の『wholeform』の場合と同じですが、ここでは『&​lt;​%name%&​gt;​』『&​lt;​%desc%&​gt;​』『&​lt;​%value%&​gt;​』の3つの変数が使えます。
 +  - 新規登録の流れ
 +    - 新規登録を希望するメンバーが必要情報を入力して送信する。
 +    - このメンバーは、RedirectURL のページに導かれれる。
 +    - NP_AccountEx 管理画面(プラグインオプション編集画面)に、認証待ちのユーザとして表示される。
 +    - Super Admin が、管理画面で認証作業を行う。
 +    - 新規登録メンバーの元に、認証リンクを含むメールが送付される。
 +    - 新規登録メンバーがその認証リンクをクリックすると使えるようになる。
 +    - 新規登録メンバーの元に、使用可能になった旨のメールが送付される。
 +    * 新規登録メンバーは、第6ステージ(**VI**)まで進まないと、有効になりません。なお、この認証機能を利用する場合は、NP_AccuntEx の設定で『新規ユーザの登録を受け付けますか?』を『はい』に、Nucleus グローバル設定の『ビジターにメンバーアカウント作成を許可する』を『いいえ』にしてください。でないと、『createaccount.html』経由でビジターがすぐに有効になるアカウントを作成できてしまいます。
 +
 +
 +=====認証なしでメンバー登録できるモードの利用方法=====
 +  - Nucleus オリジナルの createaccount.html を使用した時と同じように、認証なしでメンバー登録を行うことが可能です。この場合は、グローバル設定で『ビジターにメンバーアカウント作成を許可する』に『はい』を指定する必要があります。
 +  - 登録フォームの表示には、スキン変数で次のように記述してください。<​code><​%AccountEx(wholeformnoconfirm[,​Template[,​Width[,​RedirectURL]]])%></​code>​
 +=====Tipsと裏技=====
 +
 +=====希望事項=====
 +
 +=====バグ=====
 +
 +=====開発履歴=====
 +  * Version 0.1.3.3 リリース (2007-12-02)
 +    - 正式バージョン公開(0.1.3.2αを日本語化したもの)
 
plugins/accountex.txt · 最終更新: 2011/03/23 21:28 (外部編集)