plugins:betterdate

NP_BetterDate.php

テンプレート変数<%date%>・<%time%>の代わりに使えます。高機能ではありませんが、書式にこだわる場合には役に立つプラグイン。ページにアクセスした瞬間の日時も表示できるようです。(未確認)

http://wakka.xiffy.nl/betterdate

【ここにプラグインの説明文を書く】

General Plugin info
作者: 【作者名】
最新のバージョン: 【最新リリースのバージョン番号】
入手先: 【ダウンロードできる場所へのリンク】【ファイルの形式(例 zip)】【サイズ(例 10KB)】【zipの中のファイルの数】
ソース: 【プラグインのソースコードを表示するページへのリンク。このWikiに新しく作るときは「plugins:プラグイン名:プラグイン名_code」というページ名にしてください】
動作サンプル: 【プラグインが実際に動いているデモが見られるページへのリンク】
フォーラム参照先: 【プラグインに関するフォーラムのスレッドへのリンク】
セキュリティチェック: 【セキュリティのチェックが済んだら、その旨を記述して、チェックした人がサインをします。空にしておいてください】

インストール方法

  1. Zipファイルを展開して、中身をサーバーのプラグインディレクトリにアップロードする
  2. 管理画面からプラグインをインストールする
  3. 【その他、このプラグインに固有の作業。スキンへの記述を追加する、オプションを設定する、など】

このプラグインの使い方

http://www.php.net/manual/ja/function.date.php
上記のフォーマットが利用できます。

例)

「5月5日」と表示させたい場合

<%BetterDate(posted,n月j日)%>

テンプレートの「アイテムの本体」にこう書きます。

「5月5日(土)」と表示させたい場合

<%BetterDate(posted,n月j日)%>(<%date%>)

このプラグインでは日本語での曜日は出力できないため、Nucleusの標準機能と組み合わせます。テンプレートの「アイテムの本体」に上記のように書いたうえで、テンプレートの「日付と時刻 - 日付フォーマット」に「%a」、同じく「日付と時刻 - Locale」に「ja_JP」と書きます。

  • サーバによっては、ロケール設定による曜日出力に対応していないこともあります。この場合はNP_JPWKDYを利用してみてください。

スキン/テンプレートへの記述

  • 【プラグインをインストールして使えるようになるスキン変数やテンプレート変数の説明】

オプション

  • 【プラグインで設定できるオプションの内容の説明】

Tipsと裏技

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070911/281648/
当プラグインを使わない方法。%-m月%-d日などと記述します。

希望事項

バグ

開発履歴

  • 【Version 0.1 リリース <リリース日付>】
    • 【主な変更点: ナニがどうした】
 
plugins/betterdate.txt · 最終更新: 2011/03/23 21:28 (外部編集)