plugins:imagemanager

NP_ImageManager

:plugins:np_image_manager.png

media.phpの代替UI。これひとつで画像のアップロード・サイズ変更・トリミングができます。 ディレクトリを自由に作って管理できます。
NP_MitasNomと組み合わせると本格的なCMSっぽくなります。

General Plugin info http://wakka.xiffy.nl/imagemanager
作者: 【作者名】
最新のバージョン: 0.9(2006/07/11)
入手先: 【ダウンロードできる場所へのリンク】【ファイルの形式(例 zip)】【サイズ(例 10KB)】【zipの中のファイルの数】
ソース: 【プラグインのソースコードを表示するページへのリンク。このWikiに新しく作るときは「plugins:プラグイン名:プラグイン名_code」というページ名にしてください】
動作サンプル: 【プラグインが実際に動いているデモが見られるページへのリンク】
フォーラム参照先: http://japan.nucleuscms.org/bb/viewtopic.php?t=2670
(日本語版)
セキュリティチェック: 【セキュリティのチェックが済んだら、その旨を記述して、チェックした人がサインをします。空にしておいてください】

インストール方法

  1. Zipファイルを展開して、中身をサーバーのプラグインディレクトリにアップロードする
  2. 管理画面からプラグインをインストールする
  3. mediaディレクトリのパーミッション要確認
  4. サーバがsafe_mode on の時は imagemanager/config.inc.php 内で$IMConfig['safe_mode'] = true;とします。

このプラグインの使い方

【プラグインがどういう働きをするか、ユーザーがそれをどういう風に使うかを説明してください】

スキン/テンプレートへの記述

  • 【プラグインをインストールして使えるようになるスキン変数やテンプレート変数の説明】

オプション

  • 【プラグインで設定できるオプションの内容の説明】

Tipsと裏技

http://sb.xrea.com/showthread.php?t=10744
xreaで使う時はこれを。

safe_mode on 対策

safe_mode on なサーバでは、safe_modeの縛りでサムネールが表示されないケースがあります。(大丈夫なこともあります。)下記はその対処法の例

  • config.ing.php内で$IMConfig['safe_mode'] = false;に設定し、サーバ内のmediaフォルダの所有権:グループ、およびパーミッションを適切に手動で設定します。サムネイル用フォルダ .thumbsの所有権、グループをthumbs.phpの所有権、グループと一致させる必要があります。(サムネールフォルダ毎に変更を施すのが面倒であれば、imagemanagerフォルダ以下の所有権、グループをウエブサーバの所有権、グループにあわせてしまうという手もあります。→サーバ上で圧縮ファイルを展開できるNP_MitasNomなら、この方法が便利)
  • config.ing.php内で$IMConfig['safe_mode'] = true;にて運用する場合には、フォルダの作成は行えませんが、通常のメンバーは普通に使えます。ただし、super-adminの場合は、mediaディレクトリ直下をベースディレクトリとしてしまうため、ユーザディレクトリ内でサムネールが生きません。このとき、ImageManager.phpの317行目付近を下記のように書き換えると、safe_mode onでも正常動作します。(v 0.9に於ける記載。以後のバージョンでは分かりません)
//Return Files::makeFile($this->getBaseURL(),$thumbnail);
$url_path = Files::makePath($this->getBaseURL(), $path_parts['dirname']);
Return Files::makeFile($url_path,$thumbnail);

希望事項

バグ

開発履歴

  • 【Version 0.1 リリース <リリース日付>】
    • 【主な変更点: ナニがどうした】
 
plugins/imagemanager.txt · 最終更新: 2011/03/23 21:28 (外部編集)