plugins:nucleus_sqlite

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

plugins:nucleus_sqlite [2011/03/23 21:28] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== SQLite 版 Nucleus ======
 + SQLite 版 Nucleus のインストール・及び使用方法に関する説明です。ここで言うSQLite 版 Nucleus とは、Nucleus のオフィシャルサイト(http://​nucleuscms.org/​ 及び ​ http://​japan.nucleuscms.org/​)から取得した物に若干の改造を施し、私(Katsumi)が作成した SQLite-MySQLラッパーを付加してGPLのライセンスの元で配布している物であり、Nucleus のオフィシャルプロダクトではありません。その点、ご承知おきください。([[plugins:​nucleus_sqlite:​readmedev|開発者の方は、こちらもご覧ください。]])
  
 +^General Plugin info ^^
 +^作者: | [[plugins:​authors:​katsumi|Katsumi]] |
 +^最新のバージョン:​ | SQLite ラッパ: ver 0.9.0 |
 +^入手先: |[[http://​japan.nucleuscms.org/​bb/​viewtopic.php?​t=2379|フォーラム]]から入手可能。SQLite ラッパのみは[[http://​japan.nucleuscms.org/​bb/​viewtopic.php?​p=14911#​14911|こちらから]]入手可能。|
 +^動作サンプル:​ | [[http://​kandk.cafe.coocan.jp/​nucleus/​|目から鱗 w/SQLite]]|
 +^フォーラム参照先:​ |[[http://​japan.nucleuscms.org/​bb/​viewtopic.php?​t=1853|SQLite版Nucleus βバージョン ]]|
 +
 +([[http://​wakka.xiffy.nl/​sqlite|English]])
 +
 +=====インストール方法=====
 +  * インストール方法は、MySQLを用いているオリジナルのNucleusと同じですが、次の点に注意してください。
 +
 +  - SQLiteには、MySQLに必要なユーザやパスワードといった概念がありませんので、これらの設定は必要有りません。
 +  - 『nucleus/​sqlite/​』ディレクトリに『.dbsqlite』という名のファイルが作成され、このファイルがデータベースになります。『nucleus/​sqlite/​』ディレクトリのパーミッションを、読み書き可能な値(777など)にあらかじめ設定しておいてください。
 +
 +  * インストールは、通常のNucleusと同じで、install.phpにブラウザでアクセスすることで行えます。このとき、『NP_SkinFiles』に加えて『NP_SQLite』がプラグインとしてインストールされるはずですが、もしインストールされていない場合は管理メニューのプラグイン管理でインストールしてください。
 +
 +  * Nucleusコアのバージョンをアップグレードする際は、下の『アップグレードの際の注意点』を参照してください。
 +
 +=====インストールに関して最も注意すべき事=====
 +
 +  * 『nucleus/​sqlite/​』ディレクトリに作成されるファイル『.dbsqlite』にすべてのデータが格納されています。これが第3者に読み取られないように、『nucleus/​sqlite/​』ディレクトリの**__セキュリティーだけはしっかりと確認__**してください。一応、読み取られないようにする『.htaccess』を入れてありますが、インストール終了後に『http://​your.site.com/​your/​path/​nucleus/​sqlite/​.dbsqlite』(your,​ site, path 等の部分は、適宜変更してください)にブラウザでアクセスしてみて、アクセスできないことを確認してください。
 +
 +  * もしアクセスできるようであれば、webサーバ設定などで何らかの処置を施す必要があります。もし、『nucleus/​sqlite/​』以外のディレクトリに『.dbsqlite』をおく必要が有れば、『sqliteconfig.php』ファイルで『$SQLITECONF['​DBFILENAME'​]='/​home/​yourname/​.dbsqlite';​』の例のように、フルパスで指定してください。この設定値はあくまで例です。『/​home/​yourname/​』の部分は、適宜変更して設定してください。
 +
 +
 +=====インストールが終了したら=====
 +  * 使い方は、普通のNucleusと殆ど同じです。プラグインをインストールする際は、そのプラグインのPHPファイルのパーミッションを読み書き可能な値に設定してからインストールすることをお勧めします。このようにしておくと、必要なファイル変更がプラグインのインストールの際に自動的になされます。
 +
 +=====アップデートの際の注意点=====
 +  * 基本的に、Nucleusコアのアップデートの方法はオリジナルのNucleusと同じですが、以下の点に注意することでSQLite版に特異的なトラブルの可能性をいくらか低減できます。
 +
 +  * まず、データベースのバックアップを取ります。SQLite版の場合は、FTPなどを用いて『nucleus/​sqlite/​.dbsqlite』ファイルをダウンロードして保存しておくのが、簡単で確実な方法です。
 +
 +  * アップグレードパッケージのうち、必要なものを上書きでアップロードします。
 +
 +  * アップデートスクリプトを実行する前に、NP_SQLite管理画面で『VACUUM』を実行します。これによりデータベースが最適化され、パフォーマンスがアップします。
 +
 +  * SQLite 2.8 を利用している場合は、NP_SQLite管理画面で『PRAGMA default_synchronous = OFF;​』を実行してください。これにより、アップグレードスクリプト実行の際の速度の上昇が見込めます。SQLite 3の場合は必要有りません。
 +
 +  * 次に、アップグレードスクリプトを実行します。
 +
 +  * 最後に、SQLite 2.8 を利用している場合は、NP_SQLite管理画面で『PRAGMA default_synchronous = NORMAL;​』を実行してください。SQLite 3の場合は必要有りません。
 +
 +
 +=====プラグインのインストール=====
 +  * プラグインのインストールの方法は、普通のNucleusと同じです。プラグインのPHPファイルのパーミッションを読み書き可能な値に設定してあれば、必要なファイル変更がインストール時に自動的になされます。
 +  * **プラグインをアップデートする際にファイルの上書きだけで済ませることがありますが、そういった場合はNP_SQLiteの管理画面から『プラグインのチェック』を選択してください。これを行わないと、プラグインが正常に機能しない場合があります。**
 +
 +=====NP_SQLite のオプション=====
 +  * __【管理の際、SQL クエリを使用しますか?】__ 『はい』に設定すると、管理画面で SQL クエリが使用できるようになります(デフォルトは『いいえ』)。
 +  * __【データベース復元の際、一回あたり何個の SQL クエリを実行しますか?】__ __【データベース復元の際、接続の待ち時間は何秒にしますか?】__ Nucleus サイト管理の『DB保存/​復元』を用いてデータベースを復元する際の設定値です。
 +
 +=====対応レンタルサーバ=====
 +
 +==== さくらインターネット ====
 +
 +<​code>​extension_dir = "/​usr/​local/​lib/​php/​20020429/"​
 +extension = "​sqlite.so"</​code>​
 +php.iniに上記のように記述します。さくらではnucleus/​sqlite/​ ディレクトリのパーミッションを書き込み可に設定する必要はありません。
 +
 +==== xrea ====
 +
 +<​code>​extension_dir = "/​usr/​local/​lib/​php/​extensions/"​
 +extension=sqlite.so
 +extension=sqlite3.so</​code>​
 +php.iniに上記のように記述(※この記述が不要なサーバもあります)。
 +nucleus/​sqlite/​.dbsqlite ファイルをローカルであらかじめ作ってからサーバ上に転送し、パーミッションを606などに設定してからインストールを始めるとセーフモードの問題を回避できます。
 +
 +==== ロリポップ ====
 +
 +サーバ側で必要な設定は特になし。
 +
 +=====Tipsと裏技=====
 +  * NP_SQLite の管理画面にて、バキューム・インテグリティチェック・データベーステーブルの閲覧など、SQLite データベースに関する管理を行うことができます。テーブルを閲覧する場合はプラグインオプションの「管理の際、SQL クエリを使用しますか?」を「はい」にしておかないと一覧できません。
 +
 +=====希望事項=====
 +
 +=====バグ=====
 +  * バグではありませんが、一部のプラグインに対応できない場合があります。そういった場合、プラグインを若干書き換えることになります。あるいは、依頼を出していただければSQLiteラッパの次期バージョンで対応できるかもしれません。
 +
 +
 +=====開発履歴=====
 +  * Version 0.77β リリース 2006-10-23
 +    * おそらく最後のβバージョン
 +  * Version 0.8.0 リリース 2006-10-29
 +    * 最初の正式バージョン
 +  * Nucleus 3.24 / SQLite 0.8.0 リリース 2006-11-17
 +  * Nucleus 3.3 / SQLite 0.8.5 リリース 2007-05-03
 +    * SQL クエリーのパフォーマンスがアップ(PRAGMA short_column_names=1の採用)
 +    * セキュリティー強化(『;​』を用いた2行以上のクエリーの禁止など)
 +    * インストールの高速化
 +    * バグフィックス
 +  * Nucleus 3.31 SP1 / SQLite 0.9.0 リリース 2007-02-06
 +    * ALTER TABLE ルーチンをスクラッチから書き直し、バグを解消
 +    * DESC '​table'​ '​field'​ および RENAME TABLE サポート
 +    * セキュリティー強化(SQL関数'​php'​のアンレジスター)
 +    * NP_SQLite管理画面で、クエリーを続けて実行する際に上下に空白行ができる問題を解消
 
plugins/nucleus_sqlite.txt · 最終更新: 2011/03/23 21:28 (外部編集)