plugins:searchedphrase

NP_SearchedPhrase

検索エンジンの検索結果ページからBlogのページへやってきた人が、検索エンジンでどういうフレーズを検索して来たのかを検出し、ページの中のそのフレーズをハイライト表示すると同時に、その検索フレーズをデータベースに記録する。それぞれのページごとに、そのページへやって来たときの検索フレーズの履歴や使われたフレーズのランキングを表示できる。

General Plugin info
作者: 樋口 理
最新のバージョン: 1.1
入手場所: 作者のWebサイトよりダウンロード
ソース:
動作サンプル: none
フォーラム参照先:

インストール方法

このプラグインの使い方

スキン/テンプレートへの記述

オプション

開発履歴

0.1: Initial Version (2004-07-13)

NP_GoogleSearchにインスパイアされて、プロトタイプ作成

1.0a1: Alpha Release (2004-07-20)

1.0b1: Beta Release (2004-07-22)

1.0b2: Beta2 Release (2004-07-25)

1.0b3: Beta3 Release (2004-08-03)

1.0b4: Beta4 Release (2004-08-12)

  • リファラのデータ取得方法を変更。$HTTP_REFERER$_SERVER['HTTP_REFERER']

1.0b5: Beta5 Release (2004-11-10)

  • SqlTablePrefixのサポートにあった不具合を修正

1.0b6: Beta6 Release (2005-01-12)

  • 期限切れの検索履歴を削除するロジックに不具合があって、うまく削除されなかったのを修正

1.0b7: Beta7 Release (2005-09-10)

  • 使用しているMySQLのテーブルの構造とSQLを変更して、データ量が大きくなったときのパフォーマンスを劇的に改善
  • ランキングのバグ修正 (Thanks to oruso.net)

1.0b8: Beta8 Release (2005-10-04)

  • Yahoo! Searchの新しいエンコーディング(ei=UTF-8) に対応
  • Ask.jpからのトラフィックをサポート

1.0b9: Beta9 Release (2005-11-30)

  • 記事ページへのトラフィックが間違ってインデックスページへのトラフィックとしてカウントされてしまうことがある不具合を修正
  • Googleのサーバー群の新しいIPアドレスに対応

1.0 (2006-3-14)

  • Googleのエンコード検知ロジックを修正(oeパラメータを使わずにieのみに)
  • YSTのShift JIS文字列検知のロジックを修正
  • いつまでもベータを続けているのもみっともないので、正式リリース ;-P

1.1 (2008-3-5)

  • $this の誤用のため、PHP5でFatal Errorが出ていたのを修正 (Thanks to hsur)
  • goo の IE パラメータに対応
  • Google の 'ShiftJIS' エンコーディングに対応
  • Excite の 'charset' パラメータに対応
  • Google のキャッシュページからの referer を無視するように変更
  • Nifty からのトラフィックの文字化け対策のため、文字コードの優先順位を変更
 
plugins/searchedphrase.txt · 最終更新: 2011/03/23 21:28 (外部編集)