plugins:typekey

NP_TypeKey.php

コメントするユーザーをTypeKeyで認証します。
コメントスパム、なりすまし対策に有効です。

また、TypeKey認証をローカルの認証に代わって使用することができるようになります。

General Plugin info
作者: hsur
最新のバージョン: 1.4 (2007/07/22)
入手先: NP_TypeKey - NP_cles()
ソース:
動作サンプル: cles::blog
フォーラム参照先:
作者サイト参照先: NP_TypeKey

インストール方法

  • TypeKeyアカウントの設定と、トークンの取得

まず、自分のTypeKeyを設定する必要があります。 ※自分のTypeKeyアカウントを持っていない場合には、ここからTypeKey アカウントが無料で取得できます。

自分のTykeKeyにログインし「アカウント設定」のタブを開きます。ページの下部に「コメント登録するウェブログの指定」があるので、入力欄に自分のblogのURLを設定します。入力を確認したら、ページ下の「保存」をクリックして、内容を保存してください。

後で必要になるので、「TypeKeyトークン:」の右側に書かれている暗号のような文字列をコピーしておいてください。

  • インストールする

通常のプラグインと同様に、アーカイブを展開してできたファイルをnucleus/pluginsディレクトリにアップロードし、管理画面からインストールを行います。

  • プラグインの設定

プラグインのオプションを開き「TypeKey Token」に1でコピーしておいたトークンを入力します。 その後「オプションの保存」をクリックして内容を保存します。

  • テンプレートの設定

テンプレートの編集から、自分のスキンで使っているテンプレート開きます。 「コメントの本体」の任意の場所に<%TypeKey%>を挿入することによって、TypeKeyを使ってコメントした際に人型の画像が表示されるようになります。

  • 参考

インストール、セットアップについては作者サイトの解説もあります。

このプラグインの使い方

コメント欄もしくは、スキン中に<%TypeKey%>と記載している場所にログインするためのリンクが表示されていますので、このリンクを使って認証を行います。

スキン/テンプレートへの記述

スキン変数

  • <%TypeKey%>

    ログインしている場合にはプラグインオプションのLogined Template、ログインしていない場合にはNot Logined Templateを表示します。

※スキン中に特に表記を追加していなくても、コメント欄には常にログインリンクが表示されます。

テンプレート変数

  • <%TypeKey%>

    「コメントの本体」の任意の場所に挿入することによって、TypeKeyを使ってコメントした際に画像とプロフィールへのリンクが表示されるようになります。表示する内容についてはTemplate htmlやTemplate admin htmlで調整することができます。

オプション

プラグインオプション

  • TypeKey Token – TypeKeyトークン
  • Request email address? – 認証の際にemailを要求するか?
  • TypeKey language – TypeKeyの表示言語(「ja」で日本語になります)
  • Permit comments w/o login? – TypeKeyによる認証なしのコメントを許可するか?
  • Permit mail w/o login? – TypeKeyによる認証なしの問い合わせを許可するか?
  • Logined Template – ログインしている場合のテンプレート
    • cles::blogでの設定例
      <p>TypeKeyへのログインを確認しました。<a href="http://profile.typekey.com/<%name%>" rel="nofollow"><%nick%></a>さん。コメントしてください。(<a href="<%typekeyurl%>" rel="nofollow">ログアウト</a>)</p>
      <script type="text/javascript">
      document.getElementById('nucleus_cf_name').value = '<%nick%> [TypeKey]';
      document.getElementById('nucleus_cf_name').style.background = '#FFFFCC';
      document.getElementById('nucleus_cf_name').readOnly = true;
      </script>
  • Not Logined Template – ログインしていない場合のテンプレート
    • cles::blogでの設定例
      <p>★TypeKeyを使って<a href="<%typekeyurl%>" rel="nofollow">ログイン</a>することができます。</p>
  • Template html – コメントテンプレート(通常時)
    • cles::blogでの設定例
      <a href="http://profile.typekey.com/<%name%>" rel="nofollow" title="TypeKey Profile"><img src="http://blog.cles.jp/nucleus/plugins/typekey/tk.gif" border="0"/></a>
  • Template admin html – コメントテンプレート(管理者でログイン時)
    • cles::blogでの設定例
      <a href="http://profile.typekey.com/<%name%>" rel="nofollow" title="TypeKey Profile"><img src="http://blog.cles.jp/nucleus/plugins/typekey/tk.gif" border="0"/></a><a href="mailto:<%email%>">[Mail]</a>
  • Error message (comment) – TypeKeyで認証されていないときのエラーメッセージ
  • Error message (mail form) – TypeKeyで認証されていないときのエラーメッセージ
  • Erase on uninstall? – アンインストール時にDB内のデータをクリアするか?
  • Debug mode ? – デバッグモードを有効にするか?(管理者操作履歴に詳細なログが出力されます)
  • Enable local account linked with typekey account ? – ローカルアカウントとTypeKeyアカウントの関連付けを有効にするか?

メンバオプション

  • Linked with following account – 指定したTypeKeyアカウントと当該メンバのアカウントを関連付ける(*を指定する全てのTypeKeyアカウントを関連付けることができます。)

Tipsと裏技

  • 同梱のNP_KeitaiIPAuthについて

携帯電話のIPからのアクセスの際に、認証が出ないようにするためのNP_KeitaiIPAuthプラグインを同梱していますので、携帯ページで NP_TypeKeyが必要ない場合にはインストールすることができます。携帯電話向けのコメントページを持っていない場合にはインストールの必要はありません。

希望事項

バグ

開発履歴

  • version 1.4 [2007-07-22] Read here
    • [Fixed] mysql_query()をsql_query()に変更
    • [Fixed] ログイン時に動作しないようにした
    • [Added] ローカルアカウントとの関連付けできるようにした
  • version 1.3 [2007-02-04] Read here
    • [Added] NP_HatenaAuthと干渉しないようにした
  • version 1.2 [2006-09-30] Read here
    • [Changed] セキュリティの向上
  • version 1.1 [2006-03-19] Read here
    • [Fixed] ライセンスを変更した
  • version 1.0 [2005-12-30] Read here
    • 初回リリース
 
plugins/typekey.txt · 最終更新: 2011/03/23 21:28 (外部編集)