skins:vars:date

<%date%>

テンプレートにおける日付の詳細なフォーマットを用いた日付の挿入。オプションとして、与えられたパラメーターによる日付フォーマットのカスタムが可能。

引数

<%date(日付のフォーマット形式)%>

引数を定義しなくても動作します。

日付のフォーマット形式

localeを「ja-JP.EUC」にした、 2001年02月18日 (日) 19時32分01秒の場合

  • %a - 現在のロケールに基づく短縮された曜日の名前 【日】
  • %A - 現在のロケールに基づく完全な曜日の名前 【日曜日】
  • %b - 現在のロケールに基づく短縮された月の名前 【 2月】
  • %B - 現在のロケールに基づく完全な月の名前 【2月】
  • %c - 現在のロケールに基づく適当な日付と時間の表現 【2001年02月18日 19時32分01秒】
  • %C - 世紀(年を100で割り、整数に丸めたもの。00~99 【20】
  • %d - 日付を10進数で。(01~31) 【18】
  • %D - %m/%d/%yと同じ 【02/18/01】
  • %e - 月単位の日付を10進数で表したもの。日付が1桁の場合は、前に空白を一つ付けます。(' 1'~'31') 【18】
  • %h - %bと同じ。 【 2月】
  • %H - 時間を24時間表示の10進数で00~23まで 【19】
  • %I - 時間を12時間表示の10進数で01~12の範囲 【07】
  • %j - 年間での日付を10進数で表現(001~366) 【049】
  • %m - 月を10進数で表現(01~12) 【02】
  • %M - 分を10進数で表現 【32】
  • %p - 指定した時間により 'am' または 'pm' 、または 現在のロケールに対応した文字列 【午後】
  • %r - a.m.およびp.m.表記で表した時間 【午後07時32分01秒】
  • %R - 24時間表記で表した時間 【19:32】
  • %S - 秒を10進数で表現 【01】
  • %T - 現在の時間。%H:%M:%Sに等しい。 【19:32:01】
  • %u - 10進数表記の曜日で1~7の範囲。1が月曜日。 【7】
  • %U - 年間で何番目の週であるかを 10 進数で表現。 年間で最初の日曜を最初の週の最初の日として数えます。 【07】
  • %V - ISO 8601:1988で規定された現在の年の週番号の10進数表現で 01から53までの範囲となります。1は最初の週でその週は現在の年に 最低4日はあります。週は月曜日から始まります。 【07】
  • %W - 現在の年で何番目の週であるかを10進数で表現。 年間で最初の月曜を最初の週の最初の日として数えます。 【07】
  • %w - 曜日を10進数で表現。日曜は0になります。 【0】
  • %x - 時間を除いた日付を現在のロケールに基づき表現します。 【2001年02月18日】
  • %X - 日付を除いた時間を現在のロケールに基づき表現します。 【19時32分01秒】
  • %y - 世紀の部分を除いた年を10進数として表現。(00から99までの範囲) 【01】
  • %Y - 世紀を含む年を 10進数で表現 【2001】
  • %Z - タイムゾーンまたはその名前または短縮形 【JST】

この変数でのみ使用できる特別なフォーマット形式

  • rfc822
    ローカルにあわせたRFC822フォーマットの日付
  • rfc822GMT
    GMTにあわせたRFCフォーマットの日付
  • iso8601
    ISO-8601フォーマットの日付(W3Cの時刻と日付フォーマットに概略)。例:2002-10-02T10:00:00-05:00
  • utc
    iso8601と同じだが、日付にはタイムゾーンの表示として"Z"を使うUTCで表現される。

使用例

<%date%>
<%date(%x)%>
<%date(rfc822)%>
<%date(rfc822GMT)%>
 
skins/vars/date.txt · 最終更新: 2011/03/23 21:28 (外部編集)